top of page
  • 執筆者の写真管理人

「全国カレッジフットパスフォーラム2018 in 阿蘇」に参加しました

2018年9月14日(金)~16日(日),熊本県阿蘇市にある国立阿蘇青少年交流の家において,「全国カレッジフットパスフォーラム2018 in 阿蘇」が開催されました。

本フォーラムは、2016年に本学が中心となって立ち上げた事業で、教・職・学・民が協力し、フットパスやフットパスを通じた交流によって、学生たちを成長させることを目的としています。

第3回となる今回は国立阿蘇青少年交流の家を会場にして実施されました。



当・北方地域社会研究所(RINC)」では、「歩く体験」を研究テーマの1つとして捉えており、学生研究員も主体的に「歩く」をテーマに活動しています。

フォーラムでは、学生研究員4名が発表を行なった他、研究員でメディアデザイン学科の道尾淳子講師が審査員を務めました。


斎藤百華さん(メディアデザイン学科3年)・石井虹乃華さん(人間社会学科3年)は『歩くことを楽しみたい学生と地域活動団体との連携』、寺内湧さん・杉渕昌悟さん(メディアデザイン学科4年)が『〇〇たちの巡礼道プロジェクト in 札幌ー円山・藻岩山麓編ー』として、ポスター発表を行ないました。

全国から集まった高校生、大学生、大学院生や地域の方々とも活発な意見交換を行いました。



他にも、プレ企画やポスト企画も用意され、本学学生たちは佐賀県小城市でのフットパスに参加した他、RINCの研究テーマである『歩く体験と地域文脈の継承・創造・発展に関する研究』の現地研修として、佐賀県唐津市、熊本県阿蘇市、熊本市の歩くプログラムを体験し、大変有意義な行程となりました。


(この記事は,本学NEWS TOPICS記事を参考にしました。)

閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024/06/02開催 居心地が良く歩きたくなる「サッポロウォーカブル」シンポジウムに道尾准教授が登壇します

2024/06/02(日)に北海道大学のFMI国際拠点で開催される,『居心地が良く歩きたくなる「サッポロウォーカブル」シンポジウム』にRINC研究員で未来デザイン学部人間社会学科の道尾准教授がパネリストとして登壇します。 直前のご案内で恐縮ですが,皆さま是非ご参加ください。 YouTubeでのオンライン視聴も可能です。 ▷ https://www.city.sapporo.jp/kikaku/sh

Comentarios


bottom of page