• 管理人

2019/01/16 本学学生が名寄市役所で「地域経済分析システム(RESAS)」を活用した地域政策プランを発表しました

2019年1月16日(水),名寄市役所を会場に名寄市職員研修として開催された,経済産業省 北海道経済産業局 調査員(地域経済分析担当)森 美恵子氏による「地域経済分析システム(RESAS)勉強会及び北海道科学大学による地方創生☆政策アイデア発表会」に,本学人間社会学科3年の小林奏太さん(経営学専攻),伊藤和輝さん(社会学専攻)が「地域経済分析システム(RESAS)」を活用した「地域政策プラン」を,加藤剛士名寄市長及び名寄市職員の方にRESASを活用した事例として発表しました。 (引率:人間社会学科 坂井俊文准教授(RINC研究員),保苅英希教員)   なお,この活動は当研究所(RINC)における地域ブランドの研究活動の一環です。

 

詳細は本学NEWS TOPICSの記事を御覧ください。












54回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

北海道科学大学研究紀要第48号に掲載の研究報告が公開されています

北海道科学大学研究紀要の第48号が2020年9月30日,機関リポジトリに公開されました。 この号では,RINCからの6本の研究報告が掲載されています。 これらはいずれもウェブ上で公開されており,どなたにも閲覧して頂けます。 関心のある方は是非ご覧ください。 「北海道における地域創生のための実践的研究活動の取り組み ― 2019 年度 北方地域社会研究所活動報告 ―」 木村 尚仁 , 梶谷 崇 ,