• 管理人

2022年2月11日から3日間「NoMaps ローカル・クリエイターズ・エキシビション5」において「北海道新幹線×ファンタジー」をテーマとした空想科学イラスト作品の展示を行いました

 2022年2月11日(金)~ 13日(日)の3日間、札幌駅地下歩行空間(チ・カ・ホ)北1条イベントスペース(東)で開催された「NoMaps ローカル・クリエイターズ・エキシビション5」において、昨年度に引き続きメディアデザイン学科の小谷ゼミの3年生による「北海道新幹線×ファンタジー」をテーマとした空想科学イラスト作品と,電気電子工学科の学生が主体となって活動しているe2club が制作した「電気電子工学技術とアイデアで創るInstallation Art」作品が展示されました。

 小谷教授はRINCの研究員であり、RINCでは今回の両作品の展示に協力致しました。


 今回,メディアデザイン学科の小谷ゼミ3年生による「北海道新幹線×ファンタジー」をテーマとした空想科学イラスト展示では、「未来の新社会人(一ノ口 龍磨さんの作品)」「想いをのせて発進(加藤 千里さんの作品)」「青(山本央さんの作品)」「海底旅行(中井 理得さんの作品)」の4作品が展示されました。海中トンネルを走っている新幹線の車窓から海の生き物を眺めている女の子のイラストや、幼い子供が水中服を着て列車に乗り、お魚さんたちに逢いに行くという子供ならではの夢を叶えたことをイメージしたイラスト、「列車」という日常的な風景と海中を掛け合わせることで普段とは違う非日常的で幻想的な空間を演出したイラスト、そして、青函トンネル内走行中の北海道新幹線から海の様子を見ることができたなら、きっと幻想的で美しさに溢れているだろうと思いながら描かれたイラストと、ファンタジー感溢れる作品が展示されました。



 またe2clubによるInstallation Art作品は、人感センサと4つのRGB color LED、小型コンピュータを組み込んだ電子基板を512枚(16枚×32列)組み合わせて構成した光のオブジェ的な作品です。この作品の前を人が動くと、その動きに合わせて光のパターンが動的に変化していきます。今回の展示作品に使用した512枚のコンピュータ基板には、オープンキャンパス等の参加高校生に制作して頂いたコンピュータ基板のほか、2021年度の電気電子工学科および電気電子工学専攻に在籍しているほぼ総ての学生・院生、そして電気電子工学科の教員および数名の職員の方々によって制作されたコンピュータ基板を使っています。その結果、幅8.64m、高さ1.8mと昨年度展示した作品の2倍の規模となる壮大なArtとして展示することができました。



 きらめく光に歩く足を止めて見入る方々や、たまたま通りがかって声を掛けて頂いた卒業生、仕組みについて熱心に質問して頂いた方、自分が制作した基板を見つけて喜ぶ高校生、そして展示作品の前で動きながら「キラキラ・カーテンだ」と表現してくれたお子さんが印象的でした。


 今回の展示を通して、工学の学びと芸術が融合した北海道科学大学の「ものづくり」を広くアピールできたのではないでしょうか。



閲覧数:7回0件のコメント